英検攻略方法

こんにちは!

2019年第1回の英検が無事終わり、結果が楽しみな今日この頃です。

当塾で受けた子たちの雰囲気は…五分五分といったところでしょうか。

ライティングの無い4級・5級の子たちはまぁなんとなく合格か不合格かがわかりやすいのですがライティングがあると胸を張って「絶対合格してるよ!」と言いづらいところがあります。

なぜならそのライティング、1題しかないにも拘らず、配点がリーディング・リスニングと同じだからです。

3級ですとこんな感じ。各セクション550点満点です。↓

IMG_4699
(以前受けた生徒さんの結果。ライティング満点!)

3級だと、リーディング・リスニングは各30問もあるのにライティングは1問!

どれだけライティングが重いかわかります。2級とかだと更に重くなります。

ライティングはその名の通り、ライティング力をはかるものなのですが、トピックを間違えて解釈すると思いっきり減点されて、まず合格は不可能になります。

イチかバチかの勝負にもなるのがライティングなのです。

以前も、2級を受検した子の中で、トピックは理解していたものの慌ててしまって賛成・反対を反対にして書いてしまったことでほぼ得点がなくなってしまったことがありました。

本来ならば、もう少しライティング問題を増やすなどしてくれるといいんですけどね…

と、ここまででお分かりのように、英検はライティング対策が不可欠なのです。

そしてこの対策、MEEK SPEAKがもっとも得意とするもののうちの一つです。

高校受験や大学受験を控える生徒さんには、受験対策にもなるので一石二鳥の対策。(英検のライティング方法は受験で活用できます)

次の10月受検は、受験生にとっては必ず取っておきたいところ。そのためには夏からの対策が不可欠です。

もちろん、ライティング以外の対策も万全です!2次の面接対策まであったりします。

英検対策はMEEK SPEAKにお任せください!

お問い合わせフォームはこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中