英語民間試験の導入見送りについて

英語民間試験の導入見送りについて

こんばんは!

やはり気づくとブログの更新が怠るクセがありますが、今回のこの件については書かずにはいられませんでした。

 

あの大臣の発言は、あのおかげで問題が大きく取り上げられ、導入が見送りにもなったので、結果的には良かったのではないかとすら思います。訂正したり撤回してもきっとあれが本心でしょうし、そういう方が文科省のトップにいることについては別の話ですので。

 

当塾にも、高校2年生・1年生のの生徒さんがいますし、共通テストを視野に入れて英検を考えている方も多かったので、この話題は特に気にしていました。

納得のいかないことが本当に多かったので、見送りになってうれしくて仕方ありません。

 

私自身は、TOEIC、IELTS、そして英検を受けた経験があるのですが

個人的には、もし民間試験を大学入試に使うのであれば、IELTSそしてTOEFLの2択ではないかと思っています。

この二つはイギリスやアメリカ圏の大学入試にも使用されるアカデミックなものだからです。

 

TOEICはビジネス英語(では全然ありませんが)と謳っているし、英検は…ですし。

 

まぁ、受けずして愚痴るのもどうかと思うので、今回の英検は私も受けました…

(TOEICも最後に受けてから2年以上経っているのですが、TOEICは試験そのものが疲れるので…)

phonto

 

とりあえず一次はパスしました。今回の受験は、英検に関するある一つの疑念を確かめるために受けました。

 

自分のスコアが思ったより確かめやすい結果になったので、わかりやすかったです。

 

何についてかというのはここでは伏せますが、(塾生にはもちろんお伝えしています!)

私が思っていた違和感は当たっていて、これによって生徒の英検対策もうんとしやすくなりました。

 

まぁ、大学入試で見送りになったからといっても、大阪府の公立高校入試では英検が絶大な力を放っているので、やはり見逃せません。

 

英検は、試験そのものがいかにも日本らしいというかなんというか、好きではありませんが

対策は一番しやすいものでもありますので、高校入試に使いたい小中学生はぜひ対策をして受験をお勧めします!

 

そんな私は日曜日に二次試験ですが、今は高槻の中学の中間テストが近づいていたり、大学受験の公募推薦も近づいていたりでまったく練習できていません、という言い訳をしておきます。ぶっつけ本番で何とかならないかな…。(←生徒には準備をしなさい!と偉そうに言うのに自分はこの有様…)

 

この二次が終わって、無事に英検ホルダーになれたら、次はケンブリッジ英検に行こうかなー。

 

英検対策はMEEK SPEAKへ!

 

そして、最近お問い合わせいただく方々に驚かれるのですが、

 

MEEK SPEAKでは英語のみならず5教科完全対応です!

 

更に、公立・私立も問わず、個人に合わせたカリキュラムで学習を進めていきます。

 

高槻校・豊中校ともに塾生募集中です!お問い合わせは電話、またはコンタクトフォームよりお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中